家の塗装・ビルの塗装・マンション塗装・アパートの塗装&リフォームなら㈲みどり建装へ【横浜市青葉区、緑区、都筑区、川崎市麻生区、宮前区、高津区、多摩区エリア中心に施工】

足場の設置

07491.jpg07495.jpg足場にはその建物と設置環境によって、さまざまな種類があります。一般的に、戸建住宅の塗装工事では「単管ブラケット足場」が、ビル改修工事では「枠組足場」が使われています。

 

 


足場工事は安全性や施工品質を維持するために、高さ2m以上になると必要な工事です。 戸建住宅の塗り替えでは、塗装業者が足場を架設する場合もありますが、集合住宅,ビル,マンション等の規模になると足場専門業者が架設工事を行います。 足場工事費には足場の架け掃い、飛散防止ネット、部材運搬費等が含まれます。 大規模な建造物の改修工事では、見積書に仮設工事という項目が追加され、その中に、仮設足場 、仮設事務所、水光熱費などが入り、費用もかなりなものとなります。

 

建物の立地上、足場の一部を路上に設置する場合は、道路や歩道を管理している所轄官庁の許可が必要になります。
右図のように歩行者の通行を考慮し、安全対策のため、足場下であることを注意するような看板を取り付けたり、落下防止ネットで周囲を覆います。
場合によってはガードマンを配置します。